ロゴ

料理に対する強い思いを形に

料理人を目指す人は、小さいころから料理が好きという方もいれば、途中で興味を持った方もいるようです。料理の腕を上げたいだけなら料理教室で十分ですが、この記事を読んでいる方は、調理の道へ進みたいと考えているかと思います。そんな方は、専門知識が身につく専門学校へ通うのをおすすめします。調理専門学校へ通うことを決めた理由で多いものをまとめてみたので、参考にされてください。

調理専門学校へ進んだ理由TOP3!

男女
no.1

料理が好き

小さいころから料理が好きな方や、食べることが好きな方が多いようです。色んな食材を使って、自分のイメージする料理を創作できるところに魅力を感じている方いるようで、料理に対する強い気持ちが専門学校へ進む理由1位です。

no.2

人を喜ばせることが好き

作った料理で色々な人を喜ばせることが好きな人が2番目多かったです。中には、介護の現場などでお年寄りが食べやすい料理を作って、食べる喜びを感じてほしいから専門学校で学ぼうと思った、という方もいて将来の夢に対する意見もありました。

no.3

充実した設備で学べる

「実務経験を積むことも大切だけど、充実した施設や最新の設備で学びたい」という意見も多かったです。専門学校では、プロの現場でも使われている設備や機材がそろっています。実際の店舗と同じ配置で動きを学べる施設もあり、専門学校へ通おうと決めた理由が3位でした。

調理について学ぶなら幅広く知っておくといい

調理の専門学校では、食材に関することや調理に関することが学べます。しかし、いろんな知識を得ていた方が社会に出た時に有利になるでしょう。和食や洋食などのことだけでなく、製菓に関することも知っておくといいです。

パティシエとブーランジェの違い

パティシエ

パティシエとは、ケーキなどのスイーツを作る洋菓子職人のことです。必要な資格は特にありませんが、パティシエはスイーツ作りの知識や経験の他にセンスが必要になってきます。今は人気の職業にもなっていますし、お菓子作りが好きな方や誰かを笑顔にしたいと思っている方に向いています。

ブーランジェ

ブーランジェとは、パン職人のことです。街のパン屋さんやベーカリーショップでパンで働きたい方におすすめです。実力や知識が必要となるのはパティシエと同じですが、ブーランジェはパンの製造を専門としています。パンの特徴を掴んで、季節や温度に合わせておいしいパンを作るのがブーランジェの仕事です。

調理の道を究めたいなら?専門学校に進む選択

男性

調理に携わる人の気持ちはみんな同じ

調理に携わる人の共通しているものは、「料理を愛すること」です。その気持ちを持っていればこの先、壁にぶち当たることがあっても乗り越えていけます。調理専門学校に通うことに遅すぎることはありません。社会人の方やフリーターの方でも、通い始める人がたくさんいますし、その理由はスキルアップのためだったり、転職のためだったりと様々です。あなたも「やりたい!」と思ったら挑戦してみましょう!